2010年2月 京都個展

誓の旅

ukei no tabi

 

 赤道直下の異国を旅する女性がテーマの展覧会。 非日常に心が躍ったり、言葉や文化の違いに歯痒い思いをしたり、旅は自身を顧みる格好のツールとなり得ます。

 

 誰しも自分の人生に対して、うんざりしたり嫌な気持ちになることがあると思います。ですが、それは過去に誰かが生きた人生ではなく、また、未来に誰かが後を辿ってくることもない、私(あなた)のみにしか経験出来ない掛け替えのないものだと知れば、どんな窮山幽谷であっても愛おしく感じませんか?

 私(あなた)が辿ってきた道にも、これから先に進む道にも、私(あなた)の足跡しか付いていません。そんな尊い旅の最中を、私(あなた)は生きています。

会場風景

作品抜粋