2015年2月 京都個展

 

 

 

アスラの王子の物語

 

 

 9回目の京都個展、2008年の新宿個展を加えると、自身として10回目となる節目の個展。

 

 この世に在る様々のもの、この身で感じる様々のもの、木・火・土・金・水・日・月・星辰・男と女…

 人はあらゆるものを題材に、古より物語を紡いできました。

 2015年2月の京都個展は、私の大好きな日本とバリ島に思いを馳せた作品で会場を埋め尽くしております。

 私なりの物語を、皆さんなりにどうぞ感じて下さい。




 今回より和紙に墨で描いた作品も出展しております。

 木炭と金銀、墨と金銀、木炭と墨と金銀…と、10回目を区切りとして、新たな試みにも挑戦してまいります。

作品抜粋


【 東雲に響く 】


【 深更に佇む 】



【 PRASANTI 】


【 そのちいさな手 】


【 月光の汀 】


【 あなたにも 】




【 AGUNG 】

( 書:天智 )


     【 CANANG 】

     ( 書:天智 )



【 玉蟾 】


【 東天紅 】


【 玉兎 】


【 暁 】



【 滴 】


【 涌 】



【 HITAM 】


【 芳醇の黒 】



【 PUTIH 】


【 孤高の白 】



【 MERAH 】


【 典雅の赤 】